トレーニング研究検証ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレーニングプログラム研究検証ブログ

様々な理論を元にマイペースで実行検証中。レース戦略やトレーニング戦術構築中。

【自主練習】1000m×5本+3km ( 161228 )

【自主練習】

 28.12.16 / 06:27, 場所 Jiyugaoka, 日本

■ 1000m 5本目

f:id:shinyamae:20161228101944j:plain

 

■ 3km

f:id:shinyamae:20161228101758j:plain

 

f:id:shinyamae:20161228103502j:plain

f:id:shinyamae:20161228101807j:plain

 


 ☑ 感想


■ 1000m×5本レペティション走 (12/28 朝実施)

( 完全休息は約100m〜ジョグの中で行う )

 

1本目→  3:29 min/km

2本目→  3:29 min/km

3本目→  3:31 min/km

4本目→  3:28 min/km

5本目→  3:16 min/km

 

その後、約100m〜ジョグして

3kmを 3:29min/kmペースでfinish

 

 -戦略-

以前と同様

・1000mの5本目ビルドアップ

・その後の3kmは残り1kmをビルドアップできるスピード感でのランニング

 

5本目に3:16 min/kmはおそらく初。

3kmはPB更新。

 

補給、戦略、pointを踏まえて結果的にPB更新ができて、

自分で言うのも何ですが、非常にいい形です。

 

トレーニングの収穫を振り返ります。

 


 ☑ 補給、戦略、point


ほぼ以前と同様なので下記を参照

shinyamae.hatenablog.com

shinyamae.hatenablog.com

 


 ☑ トレーニング収穫


■ 「楽に」「軽く」「長く」そして結果的にタイムアップを行うコツの習得に向けて

上記+下記のオリジナルトレーニングを加えてみたところPBを更新できた点です。

 

 

・オリジナルトレーニング

■ 下り坂感覚走法

下り坂での走行を平地や上り坂でも取り入れる

 

■ 効果

・「楽に」「軽く」スピードの緩急をつけることができる

・平地や上り坂で取り入れることで、体内乳酸レベルを下げた状態で走行できる

 

■ デメリット改善

・身体へのダメージが大きくなる傾向があるので着地を工夫する

( フォアフット走法、蛙足走法など )

 

-------------

「マラソン楽に軽く速く走る方法」を検索 ↓

 

下り坂感覚走法は下記を参照

<マラソン>速く走る為の才能トレーニング理論<短距離~長距離>

http://sinsoukinkenkyujo.web.fc2.com/sub41.html

 

フォームあれこれ

runners-core.jp

広告を非表示にする